母と私が始めた便秘改善のための青汁の日々

MENU

母と私が始めた便秘改善のための青汁の日々

青汁は何かきっかけがないと飲む気にはなれないと思います。私も飲み始める前までは絶対に不味いと思いこんでいて、たとえ効果があったとしても飲みたいとは思いませんでした。
飲むきっかけをくれたのは母。便秘になりがちな私を見て、勧めてくれました。

 

そんな母も健康にいいから飲んだ方がいいと友人から勧められたそうで、それまで青汁の商品すら見ようとしなかった母は、何十分もかけてスーパーで商品を選んでいました。
お金の無駄遣いが嫌いな母は、効果を疑いつつ安い青汁を買いました。味も飲みやすさも無視し、とりあえず効果をみたいと思ったのでしょう。
私はそんな母を見て馬鹿馬鹿しいと思いました。青汁の効果なんて全く信じていなかったんです。
母は飲み始めて数日で私に飲んだ方がいいと助言してきました。

 

青汁に全く興味のなかった私でしたが、母の強い意志におされて渋々飲むことに。当時二日に一度お通じがあればいい方だった私は、青汁を飲み始めて数日で効果を目の当たりにすることになりました。
味は不味いと想像し、値段が安いから絶対に効果がないだろうと思っていた母の青汁。
牛乳に溶かしレンジでチンして温めて飲んでみて数日が経過した頃、効果を実感しました。驚くことに、毎日お通じがくるようになったんです。
最初は効果が出ていることに気づかず毎日トイレに行ってましたが、ふと青汁を飲み続けていることを思い出し、これがお通じの理由なんだと気づきました。
まさか数日で効果が出るとは思わず、すぐに母に報告して興奮気味に便秘改善を伝えました。

 

母のおかげだったから、まず母に言いたかったんです。青汁の効果にも感謝していますが、そのきっかけをくれた母にはちゃんとお礼を言いたいと思いました。母という存在のおかげで新しい健康食品の効果を実感できたのだと思うと、嬉しくて飲み続けたいと思えるようになりました。
肝心の味の方なのですが、牛乳と混ぜて飲んでいるおかげで、不味いという感覚は全くありません。青汁の味がどんどん改良されているからでしょうか、昔の不味いというキャッチコピーが嘘に思えるくらい普通に飲めます。毎日飲んでも全く嫌にならず、しっかりと続けられるようなおいしさを持っています。

 

母も私も安い青汁で見事に便秘を改善させ、素直に喜んでいます。二人で毎日飲んでいるからすぐになくなり、どんどん買ってきています。安いからと言って効果が薄いというわけでもなく、最近の青汁は種類が増え、味はおいしくなり、効果は抜群で、他の人にも勧めたいと思いました。